トップページへ
トップページへ 会社概要へ セキュリティについて 建物環境に対する取組へ
福利久ビルへ
第2福利久ビルへ
宅地建物取引業務へ
神田西口駐車場へ
ビル管理業務へ
ビル関連商品販売へ
駐車場お探しの方
 
建物環境に対する取組
 
優良防火対象物認定表示制度
福利久ビルは、防火安全性の高い建物であると証明する為の優良防火対象物認定証の「優マーク」を頂いております。
優良防火対象物認定証
優良防火対象物認定証
  平成14年の消防法の改正により、防火対象物定期点検報告制度が導入されたことに伴い、従来の「適マーク」制度は平成18年9月30日をもって廃止されました。廃止に伴い、建物利用者を始めとした都民の皆様に、防火安全性の高い建物情報を提供することを目的とした「優良防火対象物認定制度」が、平成18年10月1日に火災予防条例の一部を改正する条例(平成18年東京都条例第90号)により新たな制度としてスタートしました。
  この制度では、建物の管理権原者(所有者等)が消防署長に申請し、審査・検査の結果、優良な建物として消防署長の認定を受けたときは、優良な建物の証である優良防火対象物認定証(通称:「優マーク」)を建物の見やすい場所に表示することができます。
 
防火管理者の選任が義務となる全ての用途の建物を対象にしています。
認定基準は、法令適合性はもとより、避難安全性、自衛消防活動の能力、過去の法令遵守の状況、過去の火災発生状況を審査・検査します。
優良な建物の認定は、消防署長が行っています。
消防署長の認定を受けた優良な建物は、優良防火対象物認定証を建物やパンフレットなどに表示できます。
 
   
 
個別空調
福利久ビルは7機、第2福利久ビルは4機の室内空調機を1フロア当り設置し、空調に弱い方は運転停止できるよう個別運転が可能です。
換気設備
全熱交換器を採用。
室内空気の換気の際、温度を変えることなく換気を行う。
熱エネルギーの無駄を少なくする。
トイレ・洗面台
福利久ビル、第2福利久ビルともに全てウォシュレット(温水洗浄便座)を設置し、手洗いはセンサー付湯水混合栓です。また、男子小便器はセンサー付自動洗浄です。
照明器具
テナントの希望により熱効率の良い三波式蛍光灯を使用しております。
 
前のページに戻る
TOPページへ トップページへ お問合せ 個人情報の取り扱いについて